<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

暑いよー

昔はこんなに暑かったのかなぁ

今日はPointCloud風にDepth画像をBodyIndexのみで抜き出す小技

基本的にはBodyIndexもほぼDepthのようなもんなので大して難しくない

これにColorFrameを当ててBodyIndexベースのGreenScreenを作りたい

というか既に試してみたけどうまくいかない

やっぱりImageBufferを何やらするやつをやらないとダメなのかな・・・


e0349767_17251205.png

[PR]
by onigirism | 2015-07-27 17:26 | Kinect | Comments(0)

Kinect v2とUnity5系のパッケージ互換(※追記あり)

ふと、UnityのCoordinateMapperでカラーデータをデプスに持ってくるのってどうやったんだっけなって思い

GreenScreenとか言う眩しい緑のシーンを引っ張り出した。

・・・が、何かおかしい。

e0349767_19393770.png

あ~コレあれだ、シェーダのコードにエラーがあったら起こるやつだ、たぶん。

でもHLSLだっけ?そんなのやったことないからよく分かんない。

エラー内容を見てみると
Shader error in "シェーダのパス" : Fragment program 'frag' sampler 'SampleType' has no matchnig texture and will be undefined.

と書いてある。

恐らくUnity5へのメジャーアップデートで色々と変わったんだろう。

取りあえず何かしらUndefinedなんだろうけど。

色々ググってみると解決策発見。






以下GreenScreenShaderの修正箇所
[PR]
by onigirism | 2015-07-14 19:54 | Unity | Comments(0)

UnityでのUnsafeコード

C#Scriptを使ってアンセーフなコードを書いた時

エディタからUnity画面に戻るとエラーが起こっている

Unsafeコードは使えないよ!

うむ、MonoDevelopのツールバーから
Project→Assembly-CSharp Optionsを選択
サイドバーからBuild→Generalを選択し、
Allow 'unsafe' codeにチェックを入れる

これでOK!!
でUnity画面に戻ると

Unsafeコードは使えないよ!

ぶち転がすぞ(´・ω・`)

なんだかよく分からないのでググっていった結果、
上記の設定をした後に、空のテキストファイルを作って
「-unsafe」と記述、smcs.rspというファイル名で保存したものを
Assetの直下に突っ込む

と言うことをするとビルドが通った。
unsafeコードのビルドエラー対策としてしか調べてないので
smcs.rspというものが何なのか追々調べていこう

[PR]
by onigirism | 2015-07-01 17:11 | Unity | Comments(0)