カテゴリ:Android( 1 )

VisualStudioでAndroid開発

VisualStudioでもAndroidアプリの開発が出来るようになったので
勉強がてら色々いじってみた

取りあえずデフォルトフォームのビューをデバッグして・・・
・・・遅い
Androidのシミュレータは昔っからモッサモサなことで一定の評価があるが
やはりこれもダメだった

ということで実機をつないでデバッグするしかねーと考え
その設定方法を備忘録として残す(2016/02時点の資料です)

まずAndroidSDKをインスコする(環境はWin10,64bit)
SDKのDLページ

ここはAndroidStudio推しなのでスタンドアロンの方を選ぶ
ASが使えるんならVSなんか使わずそっち使った方がいい、本家なんだし

まずはSDK Tools Onlyの方のインストーラかzipをDLしましょう
フォルダ1個好きなとこに置くだけのホントの意味でスタンドアロンなので
exeでもzipでもどっちでもいいと思う、ここではインストーラ版で説明

デフォルトでは

C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk

に入る、はず
こだわりが無ければそのままで
JDKが入ってなかったらその前に入れる流れになると思うけど割愛
インストールの終了時にSDKマネージャを起動します

e0349767_12230675.png
余計なものを入れないよう一旦「Deselect All」を押してから
・Android SDK Tools
・Android SDK Platform-tools
・Googlel USB Driver
この3つの入ってない奴をインストールします
(初めてやるなら多分全部入れることになるはず)

インストールが終わったら
adb shell を使えるようにするため環境変数にPathを通します

C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk\platform-tools
を追加(重要)

ネットでAndroidSDKについて探すと分かりますが
「adbがtoolsの中にあるのでここにpathを適用する」という資料が散見されますが
これは誤り、というか情報が古い

現行Ver.ではplatform-toolsにadbが移動しているので注意
(ここで小一時間はまる)

Pathを通したらほんとに使えるのか確認
e0349767_12373329.png
いけてそう

次に実機をPCにつないで端末のドライバをインストールする
ここについては各機種手順が色々異なると思うので省略

ちゃんとドライバが入ってたらこうなる
e0349767_12462147.png
プロパティを開いて「詳細」タブのハードウエアIDを選択
ここの情報をGoogle USB Driverのandroid_winusb.infに追記する

infファイルの場所はデフォルトなら
C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver
android_winusb.inf内の

[Google.NTx86]
[Google.NTamd64]

の各セクション内に

%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_XXXX&PID_XXXX
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_XXXX&PID_XXXX&MI_XX

を記述する(Xは端末ごとに異なるのでそれに合わせて)
使うのはVID,PID,MIなのでREVとかよく分からない数字とかは無視してOK
設定周りはこれ終わりなのでadbがちゃんと端末を認識するか確認

端末が繋がってるのを確認してadb devices

e0349767_13030683.png
それっぽいのが出てきたのでOKなんでしょう

最後にVisualStudioを起動してシミュレート目的のプロジェクトを開く
デバッグ端末の選択にアタッチした端末が出てるはずなのでそのままデバッグ実行
e0349767_13080824.png
端末側でアプリが起動すれば設定完了

e0349767_13144243.png


[PR]
by onigirism | 2016-02-19 13:15 | Android | Comments(0)